投稿者コラム

スロットやるなら大事なのは〇〇!スロットにのめり込み過ぎた末路

 

 

事の発端は、パチンコ店に勤めてからスロットに興味を持ち始めたのがきっかけ。

あれよあれよという間にメダルが出るものだから、浅はかなことに「スロットで稼げてしまうのでは」という思考になってしまった。
もちろん逆もしかりで、なかなか当たらずに、お金だけ無くなってしまい取り返そうと、さらにお金を入れてしまう。
取り返せずに帰ったその日は「もう、二度とやらない!」と誓うのに、翌日には「倍にしてやろう」と思いまたパチンコ店へ足を運ぶ。
支払わなければならないものをそっちのけでのめり込んでしまったこともあった。
ここまでくると、よく当たらなくて思うように出玉が出ないときに強めにレバーを叩いて八つ当たりする人を見かけるが気持ちはわかる。

基本的に特に知識もないままにスロットを打ち、感と趣味だけで台を選んでしまえば運がない限り勝ち続けるのは難しい。
割と、好きな台をずっと打ち続けてしまう傾向にあり、最初は高い確率で相性の良い台になり、演出もレアだったり調子がいいんだが
ある日を境にめっきりでなくなってしまうあれは何なのでしょうか・・・?不思議なものです。
しかし興味のない台は全く打ちたいと思わない為、視野が狭まり損をしているかもしれないとも思った。
YouTubeを見て感心を深めたりネットで台の情報を検索したりとしたが興味ないものは興味がないようで・・・。

それなら運で勝負するしかないと考えた結果、
よく友人とパチンコ店へ行くので、絶対勝ちたいときはじゃんけん三回勝負で何打つか決めている。
(私が勝ったら〇〇、負けたら●●という具合)
運も気まぐれかもしれないので逆のバージョンでもじゃんけん三回勝負をする。
(私が勝ったら●●、負けたら〇〇)
以外にも、ちゃんとどっちかに偏ってくれる。
その決めた機種の台に座ると大勝はしないがしっかりプラスになってくれるので驚いている。
そもそも、スロットを打ちに行くこと自体控えているため、このじゃんけんでの検証は指折り程度だが面白いと思った。

私の性格上、ムキになってしまうことが多い為ギャンブルをやるにしては「適度に」ということが難しくなってしまっていた。
その為、借金を抱えてしまうこともあったりと絶望的でしたが、少し意識を他に向ければ
「暇だからパチンコ屋行こう」とか「お金あるからパチンコ屋に行こう」とか「お金ないからパチンコ屋に行こう」が少なくなりました。
この先、六号機に侵略され、万枚だす夢もなくなってしまうと思ったらなんだか打つ意欲もなくなってしまったというのも半分ありますが・・・。
やはり、冒頭でもあった通り「スロットで稼ぐ」というのはそれなりのしっかりとした知識を持ってやる。
これは間違いないと思います。
無知のままだとお金が増えないのは何をするにも同じことと言えるでしょう。
パチンコ店で働かなければギャンブルなんてやっていなかったと思います。嫌いだったので。
興味から来るものは時として恐ろしいことと知りました。